JavaFX Maven Plugin The JavaFX Maven Plugin provides a way to assemble distribution bundles for JavaFX applications (8+ and 9+) from within Maven. Since JavaSE 7u5 JavaFX is bundled with the jdk, many things become much easier. JavaSE 7u6 , and Inno Setup 5, WiX 3.0 (for installers on Windows) for Linux, OSX see here. Make The Jar Executable . Opinions expressed by DZone contributors are their own. NetBeans IDE uses these Ant tasks to package JavaFX projects. With JavaSE 7u6 it will be possible to create "native bundles" for JavaFX, although these bundles are quite huge, until Java 8 and Jigsaw is not available. Before this my preferred way was to install the jar in the local repository like this : Unfortunately you had to copy all *.dll's or so files to your local repository too. to create executable jar's of javaFX projects using maven follow this tutorial : from-zero-to-javafx-in-5-minutes. JavaFX(OpenJFX)アプリケーションの配布用インストーラーを作成する手順です。試行錯誤の末どうにかJava 14のjpackageを使ってWindows環境用のインストーラーを作成することができました。, AdoptOpenJDKのサイトから “OpenJDK 14 (Latest)” をダウンロードしてインストールします。https://adoptopenjdk.net/, Java 14のjpackageを使いたいだけなので環境変数のPathからJava 14のパスは削除しました。基本的にはLTSバージョンであるJava 11を使用します。, Java 11については JAVA_HOME で設定しており、Pathから JAVA_HOME を参照しています。, Chocolateyから Wix Toolset をインストールします。https://wixtoolset.org/releases/, EclipseでJavaFXのサンプルプロジェクトを作成します。ファイル -> 新規 -> その他 から「Mavenプロジェクト」を選択して「次へ」進みます。, JavaFX、Mavenプラグインのバージョンはそれぞれ最新のバージョンに変更しました。, こんな感じのプロジェクトが作成されました。「module-info.java」があり、モジュール化されているアプリケーションです。, 実行するとJavaFXのサンプルアプリケーションが起動します。(App.javaを右クリックして 実行 -> Javaアプリケーション), Windows 32bit環境でもインストーラーを作成するのでMaven Wrapperをインストールします。, コマンドプロンプトでjavafxプロジェクトの直下に移動し、packageコマンドでJARファイルを作成します。成功すると「target」フォルダ内に「javafx-0.0.1-SNAPSHOT.jar」が作成されます。, アプリケーション配布用のJREを作成するjlinkは「javafx-maven-plugin」がやってくれるので、「javafx:jlink」コマンドを実行します。成功すると「target」フォルダ内に「image」が作成され、これが配布用のJREになります。, 配布用のJRE(image)でJavaFXアプリケーションが起動することを確認します。, 「jpackage」コマンドでインストーラーを作成します。Java 14のパスを通していないのでフルパスでjpackageを使用していますが、パスを通している環境であれば「jpackage」に置き換えられると思います。, 成功するとプロジェクト直下にインストーラー(javafx-1.0.exe)が作成されます。今回作成されたインストーラーは43MBほどでした。, 引数の説明はこちらにありますが、まだ理解できていないところが多いです。JEP 343: Packaging Tool (Incubator), インストーラー(javafx-1.0.exe)を実行すると「C:\Program Files\javafx」にインストールが行われ、デスクトップにショートカットが作成されます。, モジュール化されていないライブラリはカスタムJREに含められないようなので、依存するライブラリは基本的にUber-Jar(Fat-Jar) を作成して含めることにしました。JavaFXも依存するライブラリですが、実行環境(Windows 64bit、32bit等)で異なるのでUber-Jarには含めずにjlinkで作成するカスタムJREに含めることにしました。, JavaFXはUber-Jarに含めたくないのでpom.xmlでscopeをprovidedに変更します。, mvn packageを実行すると Uber-Jar が target/shade に作成されます。, 使用しているJavaFXのバージョンと実行環境に合った jmods をダウンロードします。Windows 64bit環境なら「JavaFX Windows x64 jmods」、32bit環境なら「JavaFX Windows x86 jmods」をダウンロードします。https://gluonhq.com/products/javafx/, ダウンロードしたzipファイルを解凍して C:\Program Files\Java に置きました。, jlinkコマンドでカスタムJREを作成します。「–add-modules」はカンマ区切りで1つにまとめても大丈夫です。, 「jdk.charsets」や「jdk.localedata」のモジュールは使用していてもjdepsコマンドで分析されないので、使用する場合は意図的に含める必要があります。「–add-modules “jdk.localedata” –include-locales=ja」はjaとすることで日本語ロケールのみ含めています。, 「java –list-modules」でカスタムJREに含めたモジュールが確認できます。, 依存関係を細かく気にしない場合はJavaFXのモジュールを全部含めて「–bind-services」で全部入りのカスタムJREを作成できるようですが、ファイルサイズが約60MBから約146MBと2倍以上にふくれあがってしまうのでやめました。, Windows 32bit環境ではjpackageコマンドで作成したインストーラーはエラーになりインストールできませんでした。アプリケーションイメージからアプリケーションを起動することができるので、それをZIP圧縮して配布することにしました。, Windows 64bit環境ではさらにアプリケーションイメージを元にインストーラーを作成します。, Exec Maven Plugin を使用して「mvnw.cmd clean package」実行時にバッチファイルが実行され、インストーラーが作成されるようになりました。, jpackageコマンドで「–vendor」の指定がないとIOExceptionで失敗してしまいます。, JavaFX Maven Pluginの jlink で、モジュール化されていないライブラリ(自動モジュール)を使用しているとエラーになってしまうようです。, まだモジュール化対応されていないライブラリを使いたかったのでこのプラグインを使うのをあきらめて Uber Jar (Fat Jar) で対応することにしました。, Gradleプロジェクトではmainメソッドがあるクラスで「javafx.application.Application」を継承しているとエラーになってしまうようです。JavaFX 11 : Create a jar file with Gradle – Stack Overflow, mainメソッドがあるHelloFXクラスが「javafx.application.Application」を継承していると実行することができないので、Launcherクラスを作成してそこから起動すると回避できます。, jlinkで作成したカスタムJREに日本語ロケールが不足していて、日付のフォーマットが思ったようになりませんでした。, 下記を実行して問題なければ「令和2年1月1日 水曜日」になりますが、日本語ロケールが不足していると「Reiwa2年1月1日 Wed曜日」となってしまいます。, jlinkに必要なモジュールを確認する jdeps コマンドでは依存するロケールのモジュールは分析されません。「jdk.localedata」を追加する必要があります。それと全てのロケールをカスタムJREに含めるとサイズが大きくなってしまうので、「–include-locales=ja」として必要なローケールだけ(ja=日本語)に絞ることができます。, ロケールと同じように標準エンコーディングに含まれていない拡張エンコーディングを使用していてもjdepsコマンドでは分析されません。拡張エンコーディングを使用する場合はjlinkで「jdk.charsets」を追加する必要があります。, 標準エンコーディングは java.nio.charset.Charset クラスに記載があり、「US-ASCII、ISO-8859-1、UTF-8、UTF-16BE、UTF-16LE、UTF-16」です。https://docs.oracle.com/javase/jp/9/docs/api/java/nio/charset/Charset.html, Windowsの 32bit 環境で実行したときのエラーです。Java11の jlink で作成したカスタムJREを元にjpackageでアプリケーションイメージを作成するとエラーになり、Java14で作成したカスタムJREではエラーにならず起動することができました。, それぞれ作成したJREのbin内のファイル数がJava14では73個なのに対して、Java11では31個と全然違うのでその辺に問題がありそうですが、原因は分かっていません。, Windows の 32bit 環境で作成したインストーラーを実行したときのエラーです。32bit 環境のインストーラーの作成はあきらめて jpackageで作成したアプリケーションイメージをZIPで固めて配布することにしました。. A Fat JAR is a single JAR file that contains all the compiled Java classes from your project, and all compiled Java classes from all JAR files your project depends on (see Maven Dependencies).In this Maven Fat JAR Tutorial I will show you how to create a Fat JAR with Maven.. JAR files are similar to zip files, but JAR files can have additional attributes that are useful for distributing Java applications. Althoug there are many examples around how to use maven with JavaFX,  there is currently not complete guide available. Run HelloWorld using Maven. In this exercise, you create an IDE project and then place two pre-written Java source files into that project. AdoptOpenJDKのサイトから “OpenJDK 14 (Latest)” をダウンロードしてインストールします。 https://adoptopenjdk.net/ インストールするとJava 14が有効になります。 Java 14のjpackageを使いたいだけなので環境変数のPathからJava 14のパスは削除しました。 基本的にはLTSバージョンであるJa… Maven can build a Fat JAR from your Java project. JavaFX(OpenJFX)アプリケーションの配布用インストーラーを作成する手順です。試行錯誤の末どうにかJava 14のjpackageを使ってWindows環境用のインストーラーを作成することができました。準備Java 14のインスト Follow With, configuration element. Then you will compile the classes and build an executable JAR file. If you want to create an executable jar file, you need to configure Maven Archiver accordingly. すこし前にMavenという壁にぶち当たり、Mavenってそもそものなんだというところから、実行可能jarファイルをビルドするところまでを勉強しました。 今回は、その時勉強したことの備忘録を兼ね、いろんなところからかき集めた実行可能jarをもっともシンプルに作る方法をご紹介します。 他にもっと簡単にできる方法をご存じだという方は、ご指摘などいただけると幸いです。 Mavenの基本的な使い方は、別に記事を書きましたので、よろしければそちらもご覧ください。 JavaFX app doesn't work as executable jar due to ClassNotFoundException, but Maven imports all dependencies without any issues. This plugin is essentially a Maven wrapper for the packaging tool that comes with JavaFX, it's called javapackager . 「ファイル」→「新規」→「Mavenプロジェクト」を選択します。 「シンプルなプロジェクトの作成(S)(アーキタイプ選択のスキップ)」をチェックして「次へ」ボタンを押下します。 「グループId」、「アーティファクトId」を入力して「完了」ボタンを押下します。 グループId:一意に識別する名前(ルートパッケージなど)。(任意の文字列) アーティファクトId:プロジェクトの名前。(任意の文字列) アーティファク … {LOCATION JAVA 11 executable} -module-path {LOCATION JAVAFX 11 LIB} --add-modules=javafx.controls -jar {LOCATION JAR} You can find a ready to use bash script here which you probably will need to adapt to match the locations on your PC. Web site developed by @frodriguez Powered by: Scala, Play, Spark, Akka and Cassandra 使い方 Javaプログラムをコマンドラインから実行するには、依存するライブラリを全てまとめて実行可能なjarファイル(Executable jar)を作るのが便利です。 実行可能なjarファイルはMaven Assembly Pluginを使って作成できます。 Just specify the modules and the versions you want in the pom.xml, the build system will download the required modules, including the native libraries for your platform.. If you want to develop JavaFX applications using Maven, you don't have to download the JavaFX SDK. まずは、Mavenが依存するライブラリなど、ダウンロードしたjarなどを置いておくリポジトリをローカルに作成します。 この設定を行わない場合、Mavenのデフォルトのリポジトリが作成されますが、管理しやすくするためにも設定しておくほうが無難です。 mvn install:install-file -Dfile=jfxrt.jar -DgroupId=com.oracle -DartifactId=javafx-runtime, Unfortunately you had to copy all *.dll's or so files to your local repository too. Using this plugin it’s much, much easier to get up and running quickly and to build complicated distribution bundles (such as executable JAR files, native installers and webstart bundles) Here is a pom.xml file which shows how to achieve this, included in this sample. Now you can easilly reference the jfxrt.jar using the system scope and the ${java.home} property. Marketing Blog. To start the .jar we need to provide the additional module path to the JavaFX location. Now you can easilly reference the jfxrt.jar using the system scope and the ${java.home} property. The example pom.xml below will generate an executable jar file with maven, than it includes the JavaFX ANT tasks (deploy an jarSign ) to create the jnlp, the exe and so on. モジュール化したJavaプロジェクトでLombokを使用するときは、pom.xmlを少し変更する必要があるようです。最終的な pom.xml 全体は最後に方にあります。 不適合な型: java.lang.Stringをlombok.... FlywayException: Unable to obtain inputstream for resource: db/migration/V1__sample.sql モジュール化したプロジェクトでFlywayを使用するとm... Javaが動かないWindowsの開発環境を調べてみたらシステム環境変数のPathに「C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath」があり、削除したら解決しました。 > java -version Err... 運転免許証のデータをPaSoRi(パソリ)で読み取ると、顔写真がJPEG 2000という形式で保存されていました。JPEG 2000形式の画像データを読み込んで複数形式(JPEG、PNG、BMP、GIF、JPEG 2000)で保存するサン... Vaadinフレームワークで構築したアプリケーションをAWS Elastic Beanstalkで稼働させているのですが、ロードバランサーをCLB(Classic Load Balancer)からALB(Application Load ... G Suiteが2020年6月から 安全性の低いアプリ(LSA : Less Secure App)を制限するようです。GmailのSMTPサーバーに対してアプリパスワードでのメール送信ができなくなりそうなので、Gmail APIを使って... エラー: JavaFXランタイム・コンポーネントが不足しており、このアプリケーションの実行に必要です, java.nio.charset.UnsupportedCharsetException: ISO-2022-JP, Graphics Device initialization failed for : d3d, sw, このインストールパッケージはこの種類のプロセッサでサポートされていません。プロダクトベンダーに問い合わせてください。, CentOSへGuest Additionsをインストールしたときのエラー対処方法, JavaScriptからASP.NETのWebMethod(PageMethod)を呼び出す方法, JavaFX 11 : Create a jar file with Gradle – Stack Overflow, https://docs.oracle.com/javase/jp/9/docs/api/java/nio/charset/Charset.html, 配布用JREがある場所を指定する(mvn javafx:jlinkで作成したJRE), モジュール化されていないライブラリは jlink でカスタムJREに含めることができない。, Maven Repositoryに登録されているJavaFX(OpenJFX)はWindows 64bit環境用で32bit環境で動作しない。. After the decoupling of JavaFX from JDK, this tutorial attempts to demonstrate how you can create a modularized project with Maven on JDK 11 with example code. Embedded packaging support in … {LOCATION JAVA 11 executable} -module-path {LOCATION JAVAFX 11 LIB} --add-modules=javafx.controls -jar {LOCATION JAR} You can find a ready to use bash script here which you probably will need to adapt to match the locations on your PC. Here is a sample pom.xml configured to add the classpath and use the class fully.qualified.MainClass as the main class: Over a million developers have joined DZone.